第2回は「カンパーニュ編」。連載「ワインで"パン飲み"!」|WINEWHAT

連載「ワインで"パン飲み"!」。第2回のテーマは「カンパーニュ(パン・ド・カンパーニュ)」です。


パン・ド・カンパーニュは、直訳すれば「田舎のパン」。パリ近郊の村の人たちが、果物などから“ルヴァン種”という野生の発酵種を作ってパンを焼き、パリに売りに来ていたことにその名は由来します。


カンパーニュは、形も大きさも風味もいろいろ。ゆえに、ちょい足しや合わせるワインもいろいろなバリエーションが考えられます。


ぜひ書店やWebでお求めください。


◎WINEWHAT(ワインワット) 最新号:2020年5月号

https://www.fujisan.co.jp/product/1281696728/

しなやかに、食べよう。

食を中心としたカルチャーやライフスタイルのプロジェクト。そこにはモノがあり、ヒトがいて、コトが生まれます。 sembrar(センブラール)では、企画や取材執筆、編集、またイベントやセミナーの実施など、さまざまなコミュニケーションのサポートを担っています。